フィアンセビザ


Q.       私は彼と日本で知り合って今回結婚しアメリカに来る予定ですが、婚約者としてビザを取得できると聞きました。教えてください。

 

A.       Kビザは通称フィアンセビザといっており、アメリカ市民と婚約した外国人が婚約者として入国できる90日間限りのビザです。8 CFR 214.2(k).アメリカ内で結婚する場合はK-1ビザを取得できます。ちなみに、日本で既に戸籍を入れている場合はK-1ビザは発行できなが、永住権申請中にアメリカに居る市民の配偶者と同居するため渡米するK-3ビザが可能です。 

グリーカードを持つ永住権者では フィアンセビザをスポンサーできません。基本的要件として2年前に直接出逢った確たる証拠があること、スポンサーは米国市民であること、結婚できる法的地位あること、スポンサーが婚約者を扶養するに充分な資力があることです。2年前に出逢った証拠として恋文や写真などを提出することになります。秘密の交際、遠距離恋愛は興味をそそりますがビザ申請するとき不利になります。

 もしあなたに21歳未満の子供が居るのでしたら子供にも連子としてのK-2ビザ取得が可能です。申請はI-129Fという申請書で履歴書とともに提出します。センターで申請を処理したら大使館や領事館に連絡され面接を受けます。身体検査もあります。許可後180日以内に利用しなくてはならいので彼と喧嘩しないでください。

       アメリカに着いたらビザの有効期限前に結婚しなくてはなりません。アメリカに着いたら働けます。ただし90日間以上フィアンセビザは延長できません。また米国内で他の非移民ビザに切り替えることもできません。

また結婚後永住権の申請をしないと帰国しなくてはならないようになるので注意してください。 この際永住権申請と共に労働許可書も申請できます。永住権申請期間中日本に帰国する場合は事前の入国許可(Advance Parole)を取らないとアメリカに入国できなくなるので注意してください。

永住権を取得するば条件付の永住権がおります。 その2年後の90日前に条件を取り除く手続きをしないといけません。 また永住権取得後3年後は米国市民権取得も可能です。ご婚約おめでとうございます。